FBBDDAE2-9522-4768-A71E-59CE564595F1_edited.jpg

チャイニーズクレステッドドッグの遺伝疾患

チャイニーズクレステッドドッグに限らず犬達は悲しい事に遺伝されてしまう病気があります。
その遺伝疾患を無くそうとするブリーディングをするのがブリーダーの役目です。生きていれば大なり小なりの病気になることがあるにも関わらず、遺伝的な病気になる要素を持って生まれてくるのは悲しい事です。
チャイクレを家族にしている、家族にしたいと思われている方は知識を持ってください。

PRA 進行性網膜萎縮症
目の奥にある網膜は視覚に重要な役割をしていて、ここが進行性に変性し、視力が徐々に低下して失明にいたる遺伝性疾患です。

遺伝子は、生き物の身体をつくる設計図のようなものですが、その設計図に異常が起こることによって遺伝性疾患が発症し、この変異遺伝子は一定の確率で、親から子へと伝わります。
PRAにも遺伝子の変異が関与しており、疾患の原因となる遺伝子変異の種類によって、発症時期や障害を受ける目の細胞、症状の進行状態が異なります。

進行すると視覚の低下が起こります。初期では暗いところでぶつかったり、進行に従い周辺が見えなくなっていくので動きが鈍くなり、最終的には失明します。
瞳の外観は、瞳孔が開いた状態になり、光に反射した眼底がきらきらとみえるため「ビー玉のような瞳」に見えます。


PLL 原発性水晶体脱臼
目には水晶体と呼ばれるカメラのレンズと同じ役目をする器官があり、この水晶体は、チン氏帯という組織により眼球内で支えられています。このチン氏帯の断裂で水晶体が正常な位置から外れてしまった状態が水晶体脱臼です。水晶体の外れ方の程度で、「脱臼」と「亜脱臼」に分かれます。
水晶体が眼内の前方にある前房内に外れた場合を「前方脱臼」、後方にある硝子体腔に外れた場合を「後方脱臼」といいます。犬はだいたいが後方脱臼です。

眼球構造の奇形や発育不全が原因になっていると考えられます。また、眼球打撲など外傷性に起こる場合もあるようです。眼球内の腫瘍や炎症(ぶどう膜炎)、白内障、緑内障に続発して起こる場合もあります。

水晶体の脱臼だけで、緑内障やぶどう膜炎を起こしていない場合は、特に症状を出さないこともあるようですが、水晶体脱臼が原因となって眼圧が上がり、緑内障が起こることがあるので注意が必要です。緑内障やぶどう膜炎を伴う場合には、激しく目が痛み、充血、角膜の炎症や白濁(角膜浮腫)等が見られます。また、視力が低下し失明することもあります。


パテラ 膝蓋骨脱臼
膝蓋骨脱臼という症状・疾患のことをいいます。
後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)は膝関節の中央にあるべきなのですが、正常な位置にから外れてしまった状態が膝頭骨脱臼です。
内側に外れた時を内方脱臼、外側に外れると外方脱臼といいます。
頻度としては内方が多いと言われています。
小型犬は「内方脱臼」、中・大型犬は「外方脱臼」が多く、外方脱臼は、股関節形成不全が見られる場合に発症頻度が高いと言われています。
股関節形成不全も遺伝疾患です。

パテラは、外傷性(後天性)と遺伝性(先天性)があります。
外傷性(後天性)は、打撲や落下といったことが原因になりますが、遺伝性(先天性)の場合は、出生した時や子犬の段階での問題(膝関節の発育不全、膝関節周囲の筋肉や靭帯の異常)があるといわれています。


DM 変性性脊髄症
脊髄の神経細胞が変性することで機能障害があらわれ、まずは後肢、前肢、さらには呼吸器へと進行していきます。徐々に進行していく無痛の病気です。

発生原因は不明な点が多く、遺伝子(SOD1)というたんぱく質による変異があることがわかってきました。
SOD1遺伝子は人間では家族性筋萎縮性側索硬化症(ALS)という遺伝病を引きおこし難病に指定されています。
未だに分かっていないことが多くあります。


先天性心臓疾患
生まれつき心臓やその周辺の血管に構造的な異常があることをいいます。先天性疾患には多くの種類があり、その種類や奇形の程度により症状が異なります。全く症状を示さない場合や、生後まもなく重篤な症状をしめす場合など様々です。

心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割をしています。先天的疾患は心臓の構造に異常があるためにこのポンプの役割に障害がおこり、血液循環不全を起こします。運動不正耐性、咳、呼吸困難、目や口の粘膜が白っぽくなる症状、失神などの症状をおこします。



日本国内で検査ができるのはDM、PRA、PLLのみです。
少なくともこの検査をするブリーダーからの子犬を迎えることをお勧め致します。